デリケートゾーンの臭い対策をはじめよう【有効成分を紹介】

引き締まったウエスト

お腹

簡単に作りましょう

少しくらいぽっちゃりしていても、ドラム缶のようなまっすぐな体形より、ヒョウタンのようにくびれがあると、ボディーにメリハリが出ます。ウエストが引き締まっているだけでスタイルが良く見えるから不思議ですね。ところで、くびれの作り方=腹筋運動をする、とお考えではないでしょうか。しかし、実際は間違いです。腹部は腹直筋、腹斜筋、腹横筋の3つから成り立っており、腹筋で鍛えられるのは腹直筋だけです。腹直筋は胴体の前面にある筋肉のためくびれには関係しておらず、大切なのは体の横にある腹横筋とその裏にある腹斜筋です。つまり、正しいくびれの作り方=インナーマッスル(腹斜筋、腹横筋)を鍛える、ということになります。インナーマッスルを鍛えるといっても、くびれの作り方として考える場合、それほどハードな運動は必要ありません。テレビを見ながら、家事をしながらのながら運動でも大丈夫です。最も簡単なのは姿勢を良くすることです。腹横筋は体の重心を支える筋肉ですので、姿勢を安定させれば自ずと鍛えられます。おへそ付近に力を入れてお腹をひっこめるよう意識しましょう。自ずと背筋が伸びます。正しい姿勢をキープできない場合は、体幹トレーニングを取り入れてみましょう。直立状態から片足を曲げた状態でまっすぐ引き上げ、その姿勢を30秒キープするだけです。次に簡単なのがストレッチに近い運動です。フラフープを回すように腰を動かす、下半身を固定して上半身をひねるなどの動作を行ないます。体の片側を下にして寝ころび、そのまま足と頭を持ち上げる動作でも鍛えられます。いずれも体の横側を意識して行いましょう。案外くびれの作り方って簡単だと思えてきませんか。

Copyright© 2018 デリケートゾーンの臭い対策をはじめよう【有効成分を紹介】 All Rights Reserved.